司法書士の通信講座おすすめ比較ランキング!


司法書士の受験生は30~40代の社会人の方がかなりに多く、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を有効活用して試験対策をしていくことがまさに必須になってくると思います。

そういうスキマ時間に活躍するのが、スマホやタブレットで勉強することが出来る学習コンテンツが揃っている通信講座となってきます。

最近では多くの資格講座が講義教材をセットで出しており、スマホやタブレットで視聴が出来るマルチデバイス対応にしているものも多いですが、内容はピンキリでeラーニングの学習コンテンツとしては乏しいものもありますので、少し注意が必要です。

で、そうなると「どういったポイントで選べばいいか?」って話になりますが、管理人としては以下の3つのポイントに着目しております。

  • 講義教材であれば通信講座専用に撮影されたものであること
    (マンツーマン指導に近いテイストで作られているのが理想)
  • テキスト教材もスマホやタブレットで閲覧することが出来ること
    (カラーであればなおベター)
  • eラーニングシステムとしてのコンテンツが充実していること
    (演習問題の実施/スケジュール管理など)

そこで、本記事では上記の条件を満たしている、もしくは近い通信講座を3つピックアップしましたので、総評付きでご紹介していきたいと思います。

なお、今回ご紹介する3講座については、いずれも無料講座の視聴が可能なので、まずは一度ご自身の目で確認することをおすすめします^^

KIYOラーニングの司法書士通勤講座

KIYOラーニングの司法書士通勤講座スマホ画面01 KIYOラーニングの司法書士通勤講座スマホ画面02

今回おすすめする司法書士講座の中でスマホ/タブレットでの操作性が一番よかったのがこちらのKIYOラーニングの司法書士通勤講座です。

「通勤講座」の名前からして通勤途中に学習しやすいようにコンテンツが工夫されており、ガッツリ動画が視聴できる環境なら講義映像を見ながらの学習、動画が見づらい環境であれば、テキスト(PDF)+音声講義といった形で学習環境に応じてインプットの形式を変えられる点が非常にイイです。

また、講義についても通信講座専用に収録された映像となっており、電子黒板を用いての解説となってるので非常に見やすいです。

その他、要点暗記ツール、通勤問題集、記述式雛形暗記ツールなどの各種学習コンテンツが揃っており、基本的にスマホ/タブレットで全てのコンテンツを利用することが出来る形となってます。

無料講座もありますので、百聞は一見にしかずでまずはご自身の目でチェックしてみましょう!

使用テキスト 講座オリジナルテキスト(フルカラー)※PDFで提供
講義教材 通信講座専用に撮影された講義(Web視聴)
eラーニングコンテンツ
  • 基本講座
  • 要点暗記ツール
  • 通勤問題集
  • セレクト過去問講座
  • 記述式雛形暗記ツール
  • 記述式雛形問題集
  • 学習レポート機能
受講生サポート なし
おすすめの講座コース 司法書士総合コース
KIYOラーニングの司法書士通勤講座 公式サイト KIYOラーニングの司法書士講座レビューをチェック

クレアールの司法書士通信講座

クレアールの司法書士無料講座スマホ画面05 クレアールの司法書士無料講座スマホ画面06

クレアールの通信講座のウリの一つとして講座コンテンツのマルチデバイス対応を推しているだけあり、PC(Windows/Mac)、スマホ、タブレットの端末で講義を視聴することが出来ます。

講義映像については、クロマキー合成(人物の背景にテキスト内容が映し出される加工)で非常に見やすく、講義が見れる環境であれば、テキストなしでインプット学習が可能です。

受講料については、KIYOラーニングよりは少し高めとなっておりますが、割引制度やキャンペーンを利用すればかなり格安で受講が可能です。

なお、クレアールも先程のKIYOラーニングと同様に無料講座の受講が可能ですので、まずはそちらの受講をしてみましょう。

使用テキスト 講座オリジナルテキスト(フルカラー)
講義教材 通信講座専用に撮影された講義
(Web視聴・DVD・音声DL)
eラーニング
  • 講義動画の視聴
  • 講義レジュメ・答練のダウンロード
受講生サポート
  • 質問サポート(Eメール/FAX/質問用紙)
  • 学習ナビ(Web配信)
  • 最新情報の配信(公式ツイッターなど)
おすすめの講座コース
  • 合格ルート1.5年スタンダードコース
  • 合格ルート超短期コース
クレアールの司法書士講座 公式サイト クレアールの司法書士講座レビューをチェック

資格スクエアの司法書士通信講座

資格スクエアの司法書士講座スマホ画面01 資格スクエアの司法書士講座スマホ画面02

資格スクエアは法律系・ビジネス系資格に特化した通信講座を展開しており、司法書士をはじめ、司法試験予備試験、弁理士、中小企業診断士、行政書士と難関国家資格の受験を専門としております。

そして、すべての講座がインターネットを介した学習スタイルを取っており、講義はもちろん講義で使用するレジュメや単語帳登録機能などすべてがオンライン上に揃っており、もちろんスマホ/タブレットでの学習も可能です。

学習コンテンツの内容的にKIYOラーニングとかなり似てますが、資格スクエアではWeb画面より質問をすることが出来ますので、その点が少し異なってきます。※その分、受講料もKIYOラーニングよりやや高めです。

なお、個人的にはスマホでの視聴画面よりもPCでの視聴画面のほうが左側に講義、右側にテキストと表示されるので見やすくて好みです^^

使用テキスト 講座オリジナルテキスト(フルカラー)※Webページ閲覧
講義教材 通信講座専用に撮影された講義(Web視聴)
eラーニングコンテンツ
  • 講義の視聴
  • オンラインレジュメ
  • 条文リンク機能
  • 問題演習機能
  • 論証集/単語帳
受講生サポート 質問サポート(Webページ経由)
おすすめの講座コース
  • 初学者向け合格フルパック
  • 初中級者向け合格パック

資格スクエアの司法書士通信講座 公式サイト

おまけ(動画視聴するならコイツは強い味方!)

スマホやタブレットで講義動画を視聴する場合、場所問わずどこでも学習出来ますが、便利すぎるあまり使い過ぎてしまうと、かなりのパケット通信量を使ってしまうことになります。

各キャリアのプランによって通信制限の限界量は異なりますが、通常のプランであれば7GBを超えてしまうと通信速度が128kbpsになってしまい、スマホでネットを見るにも支障を来す遅さになってしまいます。

ちなみに動画視聴でいえば、月間合計で約33時間で7GBに到達すると言われており、1日に換算すると約1.1時間となるので、集中的に視聴してしまうと軽く超えてしまう恐れがあります。

まぁ、スマホでの視聴は1日1時間以内と決めて計画を組むのもアリですが、そんなこと気にせずに使いたいという場合は、↓↓↓のようなモバイルルーターがおすすめです。

UQ-WiMAX

管理人はSo-netのモバイルルーターを使ってますが、速度制限なしのギガ放題プランで月々3,980円なので、モバイルルーターの中では比較的安い部類に入ります。
※速度制限はなしではありますが、3日間でのパケット通信量合計が3GBを超えてしまうと速度制限が発動するので、そこは注意が必要。

通信講座の講義視聴だけの目的でモバイルルーターを持つのは少し割高感がありますが、屋外でよくノートパソコンを使う方やYoutube、ニコニコ動画などを見られる方は、持っておくと非常に心強いです。(管理人がまさにその口^^)

「ちょっとアリかも!?」と思われた方は↓↓↓で詳細をご確認ください^^
※Web申し込み限定のキャンペーンもやってます!


当サイトで人気の司法書士通信講座ランキング!

  1. クレアールの司法書士講座

    クレアールの司法書士講座

    「合格必要得点範囲」を短期間で確実に習得できる非常識合格法によるカリキュラムが評判の講座です!学力に応じた講座コースが充実しており、初学者から学習経験者まで幅広いニーズに対応してます!

  2. 伊藤塾の司法書士講座

    伊藤塾の司法書士講座

    伊藤塾は法律系資格専門の学校として業界評価は非常に高く、合格へと導くための充実したカリキュラム・学習量を備えてます。合格後の実務家育成にも力を入れてますので、独立を視野に入れてる方におすすめです!

  3. KIYOラーニングの司法書士通勤講座

    KIYOラーニングの司法書士 通勤講座

    参考書などの書籍を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている資格講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!